収納術

絵本の収納は少しの工夫で楽しくインテリアに。無印良品の「壁につけられる家具」を使えば賃貸でも安心

投稿日:9月 15, 2017 更新日:

子供がいると、おもちゃと同様に増えていくのが絵本ですよね。

これは、今家にある絵本たち。

娘には、たくさんの絵本を読んでほしいのでこれからもっともっと増やしたいなと思っています。

ただ、絵本が増えても読むのって一日に数冊ですよね。

娘も、自分にとってのスタメンの絵本があるみたいで、『これ!これ!』と言って自分で持ってきます。

やっぱりおニューの絵本がいいらしく、今のスタメンは2冊みたいです(;^ω^)

 

気になった無印良品の『壁につけられる家具』

絵本の収納で、上の写真のように絵本をタテに収納すると、せっかくのかわいい絵が見えなくて残念だなと思うことがあります。

ましてやまだ一歳の子供、絵が見えていたほうが絵本に対して興味が出そうですよね。

なので、絵本をヨコに収納しようと思い、気になったのが無印良品のこの商品↓

この商品は、絵本をヨコに置いたときに厚みが大丈夫だったのと、前の出っ張りが支えとなり絵本が倒れず、うまく絵本を収納できそうでした。

でも、賃貸だから壁にとりつけられないんじゃないの?と思った方、これは壁を大きく傷つけることなく簡単にとりつけができちゃうんです!

どういうことかというと、壁に取り付ける工具が太いネジではなく、このような細いピンで取り付けるようになっています。

石膏ボードであればどこでも取り付け可能なので、傷が目立たないのは賃貸住まいにはかなり嬉しいですよね。

今の家は、穴あけ問題で壁は何もしておらず寂しいなと思っていたので、部屋のアクセントになるのかと思うと楽しみになってきました。

我が家はこの商品を二つ購入。

 

何もなかったうちの壁が、

↓↓↓

床の色といい感じにマッチしてるぞ!(←自己満)

ここに娘のスタメンの絵本と私のお気に入りの絵本を並べて完成!

まっすぐ取り付けられるかなと不安でしたが、説明書を壁に貼り付ければまっすぐ設置できるようになっていたので大丈夫でした。

親切な説明書です。

 

まとめ

娘が自分で好きな絵本を取れるようにと、設置位置は娘の身長より少し高めに設置してみました。

これを設置してからというものの、ず~っとこの絵本の前にいます。

手をのばして絵本をとったり、落としたり、また入れたり、私のところに持ってきたり。

昔に買った絵本を置いておいた時には、娘も見たことあると思ったのかこれ読んでといわんばかりに持ってきて、私も懐かしいな~なんて思いながら一緒に読んでいます♪

やっぱり絵本は表紙が見えていたほういいですね( ◠‿◠ )

絵本の収納で悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください♪

-収納術

執筆者: