問題解決

我が家は袋分け方式で家計を管理。封筒での管理から、安くて使い勝手のいい仕分け財布に変更

投稿日:10月 4, 2017 更新日:

我が家の月々の支出は、項目を分けて、袋分け方式で管理しています。

管理している項目はこの5つです。

  • 食費
  • 日用品
  • 娯楽費(外食・レジャーなど)
  • 特別費(美容院代・冠婚葬祭など)
  • 習い事費(子供の習い事)

《例》

  • 食費  25000円
  • 日用品 15000円
  • 娯楽費 15000円 など

このような感じでそれぞれ袋分けしています。

 

今までの『仕分け財布』

今までは、封筒を5枚使って、仕分けしていました。

最初は、銀行の封筒を使って袋分けていましたが、レジで支払う時にあまりにも恥ずかしいので、100円ショップで可愛らしい封筒に変えました。

でも、いくら可愛らしいものに変えても、袋からゴソゴソして払う姿はやっぱり恥ずかしいんですよね。

さらに、封筒から小銭を出すときに手こずるし、使っていくうちに袋はボロボロになっていってしまいます。

 

新しい『仕分け財布』

通販番組や、ネット通販でも、仕分け財布はたくさん売っていますよね。

私が気になっていた仕分け財布は、5000円くらいしましたし、安くても3000円くらいするので、決して安くはありません。

そこで見つけた、仕分け財布!

現在、私が使っているものです。↓

これ、なんと700円なんです。

ただ、送料がかかるので私は2つ買って、送料無料にしました。

色は10色展開していて、どれも落ち着いた色合いが素敵で悩みました。

こんな安いのに見た目はかなりオシャレで、一見、革のお財布にも見えますよね。

カバーはやわらかく、触り心地抜群で、革のようなポリウレタン製だそうです。

中のじゃばら式で、厚手のクラフトで出来ていて、この仕切りで整理整頓がきちんと出来るのがいいです。

きっちり留めるゴムで覆うような感じになっているので、逆さまにしてもこぼれるようなこともなさそうです。

 

私の使い方

中を開くと、7つの仕切りがあります。

私は、ここにマスキングテープでそれぞれ項目名を書いて、区別しています。

↑英語で書けばもっとかっこいいと思います(笑)

マスキングテープだと、項目名の変更などがあれば、すぐに剥がして書き直しできるので、おススメです。

ポケットの厚みが意外としっかりしているので、小銭も問題なく入ります。

クラフトも厚めなので、破けるなどの心配もなさそうです。

ただ、開くときに、どっちが手前なのか分からなくなるので、シールなど貼って目印などつけた方がいいかもしれません。

私はこんな感じで、右下にシールを貼って使っています。↓

 

まとめ

節約をするためのお財布なのに、何千円ものお金を払って買いたくないですよね。

まだ使い始めたばかりですが、クラフトのポケットも全然ヨレず、かなりしっかりしていますよ。

通帳ケースとして使ってもいいですよね。

家計の管理にかなりおススメです。

 

-問題解決

執筆者: